TradingView(トレーディングビュー)の出来高プロファイルとは?|超高機能ツールを使って誰でも簡単にレジサポを把握する方法を徹底解説

超高機能チャートツールであるTradingView(トレーディングビュー)に内蔵されてある「出来高プロファイル」について解説します。このインジケーターは有料プランでしか使えませんが、それでも使う価値の高いものなので是非一度ご参考ください。

目次

出来高プロファイルとは

TradingViewに搭載された「出来高プロファイル」とは、価格水準毎の出来高を視覚化させることができるインジケーターです。
相場ではブルとベアが激しく攻防したところで強いレジスタンス・サポートが生まれやすいという性質があります。つまりそれは出来高が多い水準ということです。
この出来高プロファイルは、その出来高が多い価格水準がチャート上に視覚化されるため、レジスタンス・サポートとなりそうな価格帯を簡単に把握できるようになる非常に優秀なインジケーターです。

出来高プロファイルには「セッション出来高」「可視範囲出来高」「固定期間出来高」の3種類の表示方法があります。

セッション出来高

セッション出来高は1日毎の価格水準の出来高を視覚化させます。
相場は直近の動きに影響されやすいため、例えば前日はどの価格帯が一番出来高が多かったか、などを把握するのに便利です。

可視範囲出来高

可視範囲出来高はチャート画面に表示されている全ての時間帯の出来高を視覚化させます。
チャート全体なので総合的に出来高が多いところを把握しやすいので強い抵抗帯を探しやすいの特徴があります。

固定期間出来高

固定期間出来高はチャート上で任意の範囲を指定して出来高を視覚化させます。

可視範囲出来高を使った設定方法とテクニカル分析方法

個人的におすすめするのは「可視範囲出来高」です。その理由は表示させているチャート全体の出来高が分かることで、強い抵抗帯がどこにあるのか把握しやすくなるからです。
そこでここからは「可視範囲出来高」を使ったテクニカル分析方法や設定方法の解説をしていきます。

可視範囲出来高の設置方法

チャートの左上にある赤枠の「インジケーター&ストラテジー」のアイコンをクリックします。

するとインジケーター&ストラテジー画面が表示されるので「出来高プロファイル」を選択し、「可視範囲出来高」をクリックします。

これで以下のようにチャート画面の端にグラフのようなのが表示されていれば設置完了です。

オススメする可視範囲出来高の設定

可視範囲出来高はデフォルトのままでも使えますが、ここではもう少し使いやすくするために設定を変更していきたいと思います。

まずチャート画面内の左上に使っているインジケーター の一覧が表示されるので、ここにある「VPVR Number Of Rows…」をダブルクリック、もしくは歯車のアイコンをクリックします。

設定画面が表示されるので「パラメーター」を選択します。
すると「行のレイアウト」「行のサイズ」「出来高」「バリューエリアの出来高」というパラメーターが並んでいます。
詳しいパラメーターの解説は後ほどやりますが、ここでは以下のように設定します。

次に「スタイル」を選択します。
デフォルトでは「POC」にチェックが付いていると思いますが、ここではチェックを外します。
「POC」は最も出来高の多い水準にラインが引かれるのですが、出来高はグラフを見れば明らかですし、ラインが他の水平線などに被ったり分析するのに邪魔なので外します。
必要だと思う方はそのままでも良いと思います。

これで設定完了です。
そうすると以下のようにグラフがより細かく表示されているかと思いますが、これにより更に細かく出来高を把握できることで、より精密に分析をすることができます。

可視範囲出来高を使ったテクニカル分析方法

それでは可視範囲出来高を使って分析をしていきましょう。
まず相場というのはブルとベアが激しく攻防したところであればあるほどレジスタンス・サポートとして機能しやすいです。それは上位足であればあるほどその信頼性は高くなります。というわけで最初は日足で使っていくのをおすすめします。

そこでまずは例としてユーロ円の日足チャートを使って分析していきます。

グラフは「ブルーが買い」「イエローが売り」と取引量がそれぞれ色分けされていますが、これはあまり神経質に気にするほどではなく、どちらかといえばまずは全体量を見た方がよいです。
そこでまずは一番出来高が多いところでゾーンを引いていきます。

直近で一番出来高が多いところに青のゾーンを引いてみました。コツとしては少し周りの出来高も被せるように大きめにゾーンを引くとよいです。これは日足レベルの抵抗帯であり出来高も多いのでかなり強いと予測できます。
それではここから時間を進めていきましょう。

数日進めると上昇していきましたが、出来高の多かった青ゾーンで反発しました。
もう少し日数を進めていきます。

何度か上を試したものの超えることができず、最終的には出来高の少ない方へ下落していきましたね。
例ではきっちり青ゾーンに当たったわけではないですが、上値の重い水準として把握するには青ゾーンは十分な役割を果たしてくれています。

この可視範囲出来高を使ったテクニックは非常に有効に使えますが、コツとしては少なくとも4時間足以上に絞った方がよいです。そしてゾーンはある程度バッファを効かせて広く引くとよいと思います。
そしてゾーンに近づいてきたらすぐに仕掛けるのではなく、そこからプライスアクションを見て判断できるようになるとより勝率が高くなってくると思います。

・最低でも4時間足以上で表示させること
・ゾーンはバッファを効かせて少し広めに引くこと
・ゾーンに近づいたらプライスアクションを見て判断すること

投資家A

今回はユーロ円を例にしているが、実際に使うならドル円などのドルストレートの通貨ペアがより効きやすいだろう。ドルは取引量が多いからな。

出来高プロファイルの各設定

こちらでは出来高プロファイル設定の「パラメーター」「スタイル」について解説します。

パラメーター

行のレイアウト

グラフの本数の設定方法です。
表示方法は「行の数」「行ごとのティック」の2種類があります。

行の数で指定した場合

表示する出来高のグラフを何分割にするかを設定します。
分割する数は「行のサイズ」で決めます。数値が大きいほど細かく分割されます。

行ごとのティックを指定した場合

1本のグラフの値幅をティック単位で設定できます。
分割する数は「行のサイズ」で決めます。数値が小さいほど細かく分割されます。

行のサイズ

「行のレイアウト」で指定した方法に対して数値を指定します。

出来高

売買比率を表示するなら「買い/売り」、合計表示なら「合計」となります。

バリューエリアの出来高

取引量の最も多かった水準の中心から何%をエリアとするか指定ができます。
デフォルトではエリア外の出来高は色が若干暗くなります。

スタイル

出来高プロファイル

出来高グラフの表示の有無を指定します。

値を表示

出来高の数をグラフに表示するか指定します。

幅(ボックスの%)

グラフの横幅の長さを指定します。

配置

グラフの表示位置を指定できます。

Up Volume

エリア外の買い比率の色設定。

Down Volume

エリア外の売り比率の色設定。

Value Area Up

エリア内の買い比率の色設定

Value Area Down

エリア内の売り比率の色設定

POC

現在の最も出来高の多い水準を表示します。

POCの推移

過去で最も出来高の多い水準を表示します。

VAの推移

出来高の最も多い水準を中心としたエリアを上下のラインで表示します。

まとめ

今回はTradingView(トレーディングビュー)に搭載された超優秀なインジケーター「出来高プロファイル」についての解説をしてみました。
「出来高プロファイル」は有料プランのみですが、それでもお金を払う価値があるほどの高機能だと思います。
特にまだレジスタンス・サポートを把握できない初心者さんなどはかなり強い味方になるでしょう。TradingViewは無料お試しもできるので是非一度触ってみることをオススメします。

投資家A

TradingViewが搭載するインジケーターの中でも一番と言ってもいいくらい出来高プロファイルは優秀だ。まずは触れてみることだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次